フロンティアNo.10

有我一哉ありが かずやさん(56)

木こり小屋カフェAriga 須賀川市上北町118
  • 画像

故郷で念願のカフェオープン
将来は木工教室なども

 上北町地内県道沿いで有我商店を営んでいた父・良幸さんの跡を継ぎ、昨年8月にオープンした。内装のほとんどを自らハンドメイドで手掛け、山の中の一軒家を思わせる落ち着いた空間を演出する。
大学卒業後、横浜市のゼネコン業界で30年以上務めた。「10年前の震災で、故郷のために何もできない歯がゆさを味わった。それで一念発起し、カフェ出店を目指しました」。
それからコーヒーを飲み歩き、練馬区にある自家焙煎の名店に巡り合った。独特のドリップで苦味を抑え、のどから広がる芳醇な香りに「コーヒーらしさ」の固定観念を打ち砕かれ、店主に頼み込んで手ほどきを受けた。
「色々な人の縁があり、こうしてスタートを切れた」。商工会議所の創業塾で出会った仲間にスイーツを特注するなど、 市内でも交流の輪を広げていく。
祖父から受け継ぐ山の整備もしているため、付けた名前は「木こり小屋」。「将来は木工製品のオーダーメイド受注や、子ども向けの木工教室も開きたい」と夢を広げる。

イベント情報バナーイベント情報バナー