フロンティアNo.4

溝井 勝みぞい まさるさん(46)

シェイシェイら~麺勝樹 店長須賀川市牛袋町123
  • 画像

「最高の一杯」目指す
 苦境から生まれた看板メニュー

 塩ラーメンの名店が今年15周年を迎える。納得できる味を追求する姿勢は変わらず、「今の味もまだ完成ではありません」と「最高の一杯」を目指す。
 鏡石町の中華食彩シェイシェイを義父とともに立ち上げ、中華のいろはも教わった。
 平成19年10月に独立して現在の店をオープンした。順調に常連客を増やしていった矢先、リーマンショックによる不況の波が押し寄せた。メイン層だった社会人は外食を控え、開店2年目にして大きな苦境に立たされた。
 そこで「年配の人にも好まれるように」と開発したのが現在の看板メニューである塩ラーメンだった。狙いが的中しただけでなく、味にとことんこだわる職人的な姿勢が、困難を乗り越え、多くの人に愛される店へと成長させた。「どんなことも手を抜かず、テーブルを拭くことも、お客さんとのやりとりもずっと大切にしています」と真っ直ぐに語った。
 オリジナルのウルトラマン柄ラーメンどんぶりも相変わらず人気で、「次はレンゲを作りたい」とも。

イベント情報バナーイベント情報バナー