4月12日の翌週以降にワクチン接種開始

医療

 新型コロナ対策の要として期待を集めるワクチン接種に向け、須賀川市プロジェクトチームは医師会と協議しながら準備を進めている。市には4月12日の週に2箱(975人分の各2回分)が県から配分される予定だが、配分後の接種準備などのため、接種開始は少なくとも翌週以降となりそうだ。
 接種は医療従事者など、高齢者、基礎疾患を持つまたは高齢者施設など従事者、それ以外の順番を予定しており、クーポン券(接種券)は紛失などを避けるため、対象者が接種可能となる直前にそれぞれ配送する。
 対象者は集団接種を希望する場合は来週22日から市が開設するコールセンターに連絡し、予約を経て須賀川アリーナで接種を受ける。
 かかりつけ医などでの個別接種を受ける場合は直接医療機関に連絡することになり、クーポン券配送時に接種を受けられる機関のリストも添付する。
 なお少なくとも初期のワクチン配分では高齢者全てに行き渡らないため、医師会との協議を進める中で順序の方針を固め、基準などを今後公表し市民の理解と協力を求める。

イベント情報バナーイベント情報バナー