聖火ランナートーチが市内13校を巡回

文化

  • 画像
    各校を巡回する聖火トーチ

 東京オリンピックの開催まで2カ月を切る中、3月に行われた聖火リレーで郡山市内のコースを走った円谷ランナーズコーチの加藤将士さん(陸上自衛隊郡山駐屯地)は市内の子どもたちにオリンピックを身近に感じてほしいと、実際に使用した聖火トーチを市に貸し出し、6月1日から市内小中学校13校を巡回させる。
 トーチは各聖火ランナーに購入権が与えられ、多くのランナーは自費購入している。
 加藤さんはふくしま駅伝須賀川市チームの主将も長年務め、若手の指導にも熱心で、市の陸上界発展に情熱を注いでいる。
 巡回は加藤さんの母校である西袋一小(水沼栄寿校長)からスタートする。初日は加藤さんが訪問し、水沼校長と代表児童にトーチを披露、翌日から正式に展示する。
 また巡回時には聖火トーチや市出身のオリンピック内定者である相澤晃選手などを解説するパネルも展示する予定。
 巡回スケジュールは次の通り。
 ▽6月2・3日=西袋一小▽7・8日=須賀川三小▽10日=小塩江中▽14・15日=西袋中▽17日=小塩江小▽21・22日=岩瀬中▽24日=大森小▽28・29日=阿武隈小▽7月1日=西袋二小▽5・6日=大東中▽8・9日=須賀川二中▽13・14日=長沼小▽16・19日仁井田中