須賀川市コロナワクチン 65歳以上接種率31・3%

その他医療

 須賀川市の橋本克也市長は31日に記者会見を開き、30日現在の市内新型コロナワクチン接種状況を説明した。65歳以上1回目の接種が主な対象で、65歳以上への接種券は全2万1909人分送付済みで、接種者は6835人、接種率は31・3%となっている。
 接種者の内訳は集団接種5310人、個別接種965人、高齢者施設560人。7月下旬までに65歳以上の全希望者の接種が完了する見込み。
 ワクチン接種は1日あたり1~3人程度の当日キャンセルが発生すること(0人の場合も)があり、余りワクチンは対応順位として、高齢者施設従業員、次に保育園・幼稚園(私立含む)職員の希望者に接種し、ムダにすることなく対応している。
 今後のスケジュールは高齢者の接種終了後に、リスク軽減のため基礎疾患を持つ市民のうち本人の申し出を受けて接種券を先行発送する。時期などは決まり次第発表する。
 その後に16歳以上64歳以下に対し、予約時の混雑を考慮して高い年齢から順次接種券を発送していく。 

イベント情報バナーイベント情報バナー