鏡石町 高齢者のコロナワクチン接種開始

医療

  • 画像
    看護師からワクチン接種を受ける町民

鏡石町の高齢者への新型コロナワクチン集団接種は9日から鳥見山体育館で始まり、初日は150人に接種した。町は水・木・日曜日に集団接種を実施し、10日は180人、13日は420人の接種を予定している。その後は平日210人、日曜日は最大420人を予定している。
 町内の高齢者約3500人に対し、7日現在で集団1771人、個別は約1100人の予約が入っている。
 町は先月24日に模擬訓練を行い、受け付けから接種完了までの連携を確認し、トラブルなどにも対応できるよう準備を進めてきた。
 初日は大きなトラブルもなく、接種を受けた人は、受け付けや問診、接種済み証明書の交付までスムーズに受けることができたとしている。
 町では1回目に左腕、2回目は右腕に接種する。
 当日体調がすぐれないなどの理由でキャンセルしたい場合はワクチンのムダを防ぐため、必ずコールセンター(℡0120―006―873)へ電話連絡するよう求めている。
 キャンセル分のワクチンは翌日以降の予約者、または町内の介護従事者に連絡し接種する。
 接種の際には腕をまくりやすい服装(半袖など)を呼びかけている。
 平日は無料の巡回バスが利用でき、コールセンターで予約できる。
 問い合わせは町健康環境課内の感染症対策本部事務局(℡62―2115)まで。

イベント情報バナーイベント情報バナー