12日に5000発の花火 有料観覧席は上限500人 いわせふるさとづくり実行委

イベント文化観光

  • 画像
    イベントのチラシ

 いわせふるさとづくり実行委員会(糸井一郎会長)の「打ち上げ花火、下から見るか、上から見るか~HANABIism~」は、12日午後6時から7時まで、市内で5000発が打ち上げられる。
 完全有料チケット制で観覧席は上限500人とし、テーブル席(4人席2万2000円から)をファミリーマート、インターネットのみで販売している。購入者に打ち上げ会場や情報などを通知する。
 須賀川青年会議所、岩瀬商工会の協力、文化庁、復興庁、福島河川国道事務所、県、市、空港ビル、JA夢みなみの後援、プロデュースはHANABIism。
 コロナ対策を十分に実施した上で、文化芸術振興の幅広い担い手を巻き込み、新たな日常ウイズコロナ時代における新しい文化芸術活動のイノベーションを図るとともに、活動の持続の可能性強化に資する目的。
 全国有名花火師19社の尺玉と糸井火工の尺玉など匠の技術「花火文化芸術20選」などの5000発と参加型花火コンテンツ(サプライズ)、県内最大の音楽創作花火、全長700㍍の大パノラマのミュージックスターマインが打ち上げられる。
 糸井会長は「2年続けて釈迦堂川花火が出来なかったが、医療従事者に対する感謝の気持ちと地域文化の伝承や歴史の資産を次年度へ伝える役割のため、新しい発信になれば」と述べ、路上駐車、ゴミのポイ捨て、無断駐車などしないように観覧してほしいと呼びかけている。
 問い合わせは岩瀬商工会(℡0248-65-3210)まで。

イベント情報バナーイベント情報バナー