優良医療従事者らたたえる 公衆衛生協会で功労者表彰

医療

  • 画像
    賞状を受ける功労者たち

 須賀川公衆衛生協会(田代直也会長)の功労者表彰式は20日、グランシア須賀川で行われ、地域の公衆衛生に貢献した受賞者をたたえ、衛生思想のさらなる普及・向上の機運を高めた。
 優良医療従事者8人に表彰状を授与したほか、県公衆衛生協会長表彰の記念品を手渡した。
 欠席の田代会長に代わり吉田大二副会長は「須賀川医学校で学んだ後藤新平先生が世界に先駆けた公衆衛生の思想啓発でスペイン風邪の日本の被害を軽減した世界に誇れる歴史を持つが、我々はそのDNAを引き継いでいる。社会の一人ひとりが粛々と感染症対策をして、医療が安心できる状態を保てれば必ず終息のゴールにたどりつく。受賞者の皆様は公衆衛生のなお一層の充実・発展にご協力をお願いします」とあいさつした。
 角田祐喜男県中保健福祉事務所副所長、岡田充生市健康づくり課長が所長・市長の祝辞を代読した。
 全員で記念撮影をし、親睦会で公衆衛生のさらなる充実に向けて決意を新たにした。
 なお祝賀会は新型コロナ感染状況を踏まえ、中止した。
 表彰者は次の通り。
 ◇須賀川公衆衛生協会長表彰▽優良医療従事者=齊藤幸以(公立岩瀬病院)佐藤悦子(同)村越惠子(高橋整形外科)金澤浩(阪本歯科医院)岡部恵美(佐藤歯科医院)箭内恵美(同)吉田和香(池田記念病院)本田誠(同)
 【受賞披露】
 ◇県公衆衛生協会長表彰▽公衆衛生事業功労者=大内康広(グランシア須賀川)