天栄村民に商品券1万円分配布

地域振興議会

 天栄村臨時議会は28日開かれ、一般会計補正予算で全村民に配布する新型コロナ感染症対策生活支援商品券1万円分や、夏と秋に発売する20%のプレミアム付き商品券、村内宿泊施設を3000円割引で利用できる「泊まってエールキャンペーン」の予算などを計上し、原案通り可決した。
 提出議案は専決処分の報告と承認2件、工事請負契約の締結、一般会計補正予算の計4件。
 一般会計補正予算は再出歳入に1億7707万円を追加し、総額はそれぞれ41億5607万円となった。
 主な歳出のうち新型コロナ感染症対策生活支援商品券は、昨年度も配布した「てんえい村民応援商品券」の第3弾として、6月を目安に村内の対象事業所で使える1万円分の商品券を配布し、村民生活を支える。事業費は委託料、補助金、郵便料を合わせて2974万円。
 プレミアム付き商品券発行事業補助金は450万円で、夏と秋の計2回、プレミアム率20%の商品券を各1000セット販売し、村内の消費喚起を図る。500円券24枚綴り(1万2000円分)を1万円で販売する。
 泊まってエールキャンペーン補助金は415万5000円で、村内の宿泊施設利用を3000円割引で利用できるキャンペーンを展開する。利用者にはさらに村観光協会加盟店で使える地域クーポン1000円分をプレゼントする。1000人泊限定で、5月中旬から開始する予定である。