色鮮やかに咲き誇る 大桑原つつじ園が見頃

観光

  • 画像
    見頃を迎え色鮮やかに咲き誇る大桑原つつじ園

 須賀川市の観光名勝「大桑原つつじ園」(渡辺久記社長)は1日、約2万坪におよぶ大庭園のツツジが見頃を迎えている。
 山ツツジや江戸錦、琉球ツツジ、霧島ツツジ、西洋シャクナゲなどの色鮮やかな花の咲き誇る中を、来園者はのんびりと散策しながら観賞を楽しんでいる。
 庭園内は歩きやすく整備され、山全体が鮮やかな赤い花に包まれることで人気が高く、休憩所前にはベンチが用意され、色とりどりの花を眺めていた。
 樹齢300年を超える古木もあり、100種類3500株のツツジ、約50種2500株のシャクナゲ、約50種3000株のシャクヤクなど合わせて約1万株が次々と咲き競う。
 新型コロナ感染防止のため、密を避けマスク着用、アルコール消毒液利用を呼びかけている。
 なお苗木の直売は行っているが。売店などは縮小して出店し食堂は営業しない。
 時間は午前8時半から午後5時まで。入園料は大人600円(小学生以下は無料)。
 問い合わせは同園(℡76ー5857)まで。