ベトナムチャーター便再開に向け観光ルート検討

観光

  • 画像
    空港職員から説明を受けるベトナム人ガイド

 県は福島空港とベトナムを結ぶチャーター便の運航再開を目指し、24日から28日まで在日ベトナム人ガイドを招請した県内観光地の視察を行い、魅力的な観光ルートの検討、造成を図った。
 コロナ禍でベトナム間のチャーター便は休止しているが、同事業で観光ルートの検討やSNS等の情報発信を行い、国際観光再開後のチャーター便誘致、利用促進につなげる。
 28日は福島空港をベトナム人ガイド約10人が視察し、チャーター便や国際線利用時の説明を受けた。
 このほか東日本大震災・原子力災害伝承館や五色沼、鶴ケ城公園、アクアマリンふくしまなど巡り、参加者からベトナム人の好みにあった観光ルート設定への意見を聞いた。今後、旅行会社と連携して商品化を目指す。