鈴木さんら最優秀、県大会へ 岩瀬農業高 農業クラブ校内意見発表大会

農業

  • 画像
    審査員や生徒の前で意見を発表する代表者

 岩瀬農業高の農業クラブ校内意見発表大会は10日に開かれ、3分野のうち「生産・流通・経営」は鈴木花恵良さん(2年)、「開発・保全・創造」は車田春斗さん(3年)、「ヒューマンサービス」は鈴木苺香さん(2年)がそれぞれ最優秀に選ばれ、県大会出場を決めた。
 学習を通して考え、感じた農業に対する思いなど発表する校内大会で、3分野で各3人ずつ、学年代表者が発表した。
 生徒たちはこれまで培った様々な経験をもとに、未来の農業のあるべき姿や自分たちにできる具体的な取り組みを様々な視点から考え、堂々とした姿勢で意見を披露していた。
 県大会は6月8日、JA会津よつばパストラルホールで開かれる。
 発表者と題は次の通り。
 ◇生産・流通・経営▽最優秀=鈴木花恵良(2年)「父と歩む新規就農」▽発表者=鈴木悠太(1年)「農業経営を目指して」小沢俊介(2年)「私が目指す牧場農園」
 ◇開発・保全・創造▽最優秀=車田春斗(3年)「農業の守り人になる私の夢」▽発表者=稲田淑伯(1年)「東日本大震災から11年」蛭田周夏(3年)「天栄米で農業を明るく」
 ◇ヒューマンサービス▽最優秀=鈴木苺香さん(2年)「身近にあった農業」▽発表者=本宮夢奏(1年)「園芸療法士という夢」橋本涼香(3年)「ともに生きていくためにできること~動物たちの命を守れ~」