往復で1万円プレゼント 福島空港 6日からキャンペーン

医療

  • 画像

 県の福島空港乗り継ぎキャンペーンは6日からスタートし、福島―大阪(伊丹)路線の乗り継ぎ利用で片道5000円、往復で1万円の現金もしくは福島空港ターミナルビルで使える共通利用券をプレゼントする。
 新型コロナの影響で利用者数が大きく減少している国内定期路線の利用回復を図るため、来年迎える開港30周年のプレイベントとして企画した。
 対象は1万人(2万席分)で、期間は8月31日までだが、規定の人数に達したら早期に終了する。
 受け取り手続きは事前申し込み不要で、空港利用の当日に福島空港ターミナルビル1階のキャンペーン専用カウンターで乗り継ぎ利用が確認できる航空券などを提示し、受領証に必要事項を記入する。
 伊丹空港経由の乗り継ぎ便は高知、松山、福岡、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄まで運航している。
 なお新型コロナの感染状況に応じて中止することがある。
 問い合わせは空港ビル内の事務局(℡0247―57―1511)まで。