1日から須賀川市民の先行申し込み 円谷幸吉メモリアルマラソン

イベントスポーツ須賀川市

  • 画像
    大会の機運を高めるポスター

 須賀川市の第40回円谷幸吉メモリアルマラソン大会は7月1日から市民の先行申し込みを受け付ける。エントリーはランネット(https://runnet.jp/)からのみで、開始時間は日付が変わる午前0時から。
 大会は須賀川出身で東京五輪男子マラソン銅メダリストの故円谷幸吉選手の顕彰と市民の体力づくり、健康なまちづくりへの寄与を目的に行われている。
 昨年度はコロナ禍のため市民のみの参加としたが、今年は他市町村からもエントリーを受け付ける。
 一般枠は市民の先行枠終了後、7月11日午前10時から受け付けを開始する。2つの枠で開始時間が異なるため、注意を呼びかける。
 コースは日本陸連公認のハーフ(一般男子年齢別4部門、同女子1部門)、10㌔(一般男子5部門、同女子1部門)、5㌔(一般男女、中学男子各1部門)のほか、大会任意設定の3㌔(一般女子、中学女子各1部門)、2㌔(小学生男女学年別6部門)、1・4㌔(父と子、母と子各1部門)の全6コース。
 スタート・ゴールは例年通り、影沼橋を起点に須賀川アリーナ東側でフィニッシュする。
 特別招待選手は現在のところ、円谷幸吉選手の盟友でメキシコオリンピック銀メダリストの君原健二さんが決定している。
 今大会は「君原賞」を新設し、円谷・君原両選手のようにお互いを尊重する気持ちや、友情の素晴らしさを次代に伝承する。
 東京オリンピックで君原さんが付けたゼッケン番号にちなみ、男女ハーフ75位に贈る。
 招待選手は円谷選手の練習パートナーである宮路道雄さんと市内ふくしま駅伝候補選手を予定している。
 東京マラソンとの提携による同大会出走権は、ハーフ完走者から抽選で3人に贈られる。
 開会式、表彰式は行わず、会場でのなめこ汁等ふるまいはない。
 大会規模縮小のため中体連新人ロードレースを兼ねた開催はしない。
 参加料は一般のみ距離で異なりハーフと10㌔が3500円、そのほかが3000円。高校生は1000円、小・中学生500円、親子3000円。
 問い合せは須賀川アリーナ内の大会事務局(℡ 0248-76-8111 )まで。