28日まで牡丹開館で入賞作品展 須賀川信金桜の絵画コンクール

文化須賀川市

  • 画像
    開かれている「桜の絵画コンクール」作品展

 須賀川信用金庫の桜の絵画コンクール入選作品は28日まで、理事長賞を受賞した佐藤海奏さん(柏城小5年)、遠藤希翔さん(同)、田中瑞希さん(須賀川三小6年)ら24点を牡丹会館に展示している。
 東日本大震災後から昨年まで続いた観光振興地域づくりプロジェクト「東北・夢の桜街道」運動に則り、市内の小学生らから作品を募集した。
 今年は運動趣旨を継承し、次代を担う子どもたちに魅力あるサクラを描いて郷土愛を育んでもらいたいと公募し、市内と古殿町の10小学校から256点が寄せられた。
 審査会は今月上旬に開かれ、深谷滉須賀川美術協会長、加藤敏彦須賀川信金理事長が理事長賞、美術協会長賞、信用金庫賞、優秀賞を選んだ(入賞者は既報)。