最高賞に渡部さん輝く 岩瀬地区小学校児童理科作品展

天栄村教育鏡石町須賀川市

  • 画像
    児童の力作を厳正に審査する教諭たち

 岩瀬地区小学校児童理科作品展の審査会は1日、ムシテックワールドで開かれ、理科部長賞と特選などの入賞者が決まった。
 児童らが夏休み中や以前からの研究をまとめた399点が寄せられた。
 審査は長場壮夫岩瀬地区理科部長と理科教諭らが務めた。理科部長賞を各学年から1人厳選し、その中から最高賞のムシテック理事長賞として渡部瑠依さん(鏡石一6年)の「最強のコンポストはどれか~地球を守る目に見えないヒーロー微生物のパワー~」が選ばれた。
 表彰式は11日午後0時半から同館サイエンスステージで行われる。
 理科部長賞6点は県大会に推薦され、審査会は10月18日にいわき市好間一小で開かれる。
 作品展は2日から11日まで、ムシテックワールドエントランスで開かれている。
 成績は次の通り(特選・金賞は紙面のみ掲載)。
 ◇ムシテック理事長賞・理科部長賞=渡部瑠依(鏡石一6年)
 ◇理科部長賞▽1年=佐藤優紀(西袋一)「あさがおのかんさつ」▽2年=山家結翔(須三)「ずっとみたかった!!いろいろな微生物パート2ミジンコ編」▽3年=井上奏心(西袋一)「野さいの水分~しんとうあつって何?~」▽4年=松岡俊佑(白江)「メダカの研究2 1才になったメダカ達の1年間の成長と色々な種類のメダカ達」▽5年=井上心菜(西袋一)「雲と天気のふしぎ」