滑走路斜面に「30th」花文字制作スタート 福島空港

地域振興

  • 画像
    測量作業を行う学生

 福島空港の滑走路西側斜面に「うつくしまふくしま」の文字列に「30th」の花文字を追加する制作作業は8日からスタートし、測量などが行われた。
 来年3月20日に開港30周年を迎えることを記念した県の事業の一環で、空港のさらなる利用促進に向けた機運醸成を図る。
 福島高専学校都市システム工学科ら5人と県測量設計業協会県中支部の会員17人が協力し、測量機を使って位置を割り出し、文字枠に木杭を打った。
 文字は縦が最大約50㍍、全幅は約120㍍となる。
 文字枠は今後、ウッドチップを敷くことで文字を明確にする。
 また「30」の文字の内側に、複数箇所にわたり花を植え、記念すべき年を祝う雰囲気をより強める。
 植える花の種類や植栽の作業者などは今後検討していく。
 現在ある「うつくしまふくしま」の文字は滑走路を2500㍍に延長した際に描かれたもので、これまでもANAが震災復興のためハート型にヒマワリを植えるなど活用されてきた。