新型コロナ オミクロン株対応ワクチン 須賀川市は10月下旬にスタート

医療須賀川市

 須賀川市は新型コロナのオミクロン株対応2価ワクチン接種を10月下旬から集団と個別で開始する。対象は2回目までの接種を完了した12歳以上で、前回接種から5カ月以上経過した人。
 同ワクチンは現在流行している新型コロナのオミクロン株に対し、従来ワクチンを上回る重症化予防効果と、感染・発症予防効果が期待される。さらに異なる2種類の抗原があることで、体内に作られる免疫もより多様な種類に反応でき、今後の変異株に対しても有効である可能性がより高いと期待されている。
 接種券は10月から、3回目接種券を受け取っていない2回目接種済み者、4回目接種券を受け取っていない3回目接種済み者、さらに4回目接種済み者にも順次送る。
 すでに3、4回目の接種券を受け取っている人は、同券でオミクロン株対応ワクチンを受けられる。
 1・2回目をまだ終えていない人は従来のワクチンで対応する。
 集団接種は引き続き須賀川アリーナ2階サブアリーナで行う。同会場での使用ワクチンはすべてモデルナ社製となる。
 個別接種は市内24医療機関で対応する。
 予約は専用Webサイト(https://covid19-wakuchin.jp/072079/login)もしくはコールセンター(℡ 0120-567-455 )で受け付ける。
 なおオミクロン株対応ワクチンの接種間隔は国の方針により変更される場合もある。
 ワクチンに関する問い合わせはコールセンターまで。