空港で現地グルメの試食も 11月13日 オンライン台湾ツアー

観光

  • 画像

 福島空港台湾オンラインツアーは11月13日午前11時から行われる。今回は自宅からの参加だけでなく、空港に集まってモニターを見ながら現地グルメを試食したり、お土産をプレゼントするコースも設ける。
 海外への渡航制限緩和が進む中、オンラインで台湾の観光や食の魅力に親しんでもらうことで、福島空港から台湾への旅行機運の醸成を図り、チャーター便就航再開後の利用促進につなげる。
 今回の案内人は台湾出身でグルメサイト運営、飲食店のコンサルティングなど行っている酒雄さんが務める。
 案内する場所は最も身近な海外の一つとも言われる「台北」で、日本統治時代の家屋が残る「青田街」や、美食の名店が並ぶ「永康街」を散策する。
 参加対象は福島空港利用圏域(福島県、栃木県、茨城県)在住者で、参加費は無料。自宅のパソコンなどで参加する人の人数は制限しないが、空港に集まる参加者は30人を定員とする。応募多数の場合は抽選となる。
 オンラインツアーはビデオ会議システム「ZOOM」を使用し、約1時間半行う。
 応募は特設サイト(https://homusubijapan.com/taiwan02/)から申し込む。締め切りは空港参加が今月30日、自宅参加が11月11日午後5時まで。
 問い合わせは事務局会社のノットワールド(℡03―6661―7134)まで。