貴重な標本を福島大に寄贈 絶滅危惧種アイズヒメアザミ 湯本小児童が採集し作成

天栄村教育

  • 画像
    黒沢教授から説明を受ける児童たち

 湯本小の全校児童4人は18日、森林観光学習で採集した希少種アイズヒメアザミの標本を福島大貴重資料標本室に寄贈した。
 キク科のアイズヒメアザミは環境省と県から絶滅危惧ⅠA類に指定されている。会津地方と群馬県の一部に分布する。
 児童たちは9月、湯本森・里研究所の指導のもと、同研究所が昨年発見した湯本地区の自生地で個体数調査を行った。
 同研究所が調査内容をまとめ、児童たちがアイズヒメアザミのほかに採集したナベナ、カワミドリ、アズマレイジンソウの証拠標本を作成した。
 今回、児童たちは福島大共生システム理工学類生物多様性保全研究室の黒沢高秀教授を訪ね、証拠標本を各1点ずつ寄贈した。
 黒沢教授はアイズヒメアザミについて解説し「これまでの分布地では多くても数10個体と記録されていたが、今回皆さんの調査では97個体で、100個体近くが1カ所で記録されたのは初めてです」と伝えた。
 児童はその後、貴重資料保管室で様々な標本を見学した。「みんなが採集した標本もこの標本庫に収蔵され、研究者の目に触れることになる。インターネットでも公開される」と説明を受けると、驚きながらも誇らしげな表情を浮かべていた。
 湯本森・里研究所の星昇代表は「絶滅危惧種を題材に学習できるのは湯本の豊かな自然環境があればこそ。今後も特色ある教育に協力していきたい」と述べた。