味も蜜入りも良好 JA「サンふじ」出荷ピーク

農業須賀川市

  • 画像
    サンふじの出荷に追われる選果場

 JA夢みなみすかがわ地区のリンゴ「サンふじ」の出荷は、あぐりフルーツ館(東部果実選果場)でピークを迎えている。
 須賀川、鏡石の生産農家25軒から運ばれたリンゴ約600~700ケースが県内や京浜方面に出荷されている。
 パート職員20人がリンゴを1個1個丁寧に振り分け梱包する作業に追われている。
 サンふじは甘味果汁の多い貯蔵力に富む晩生種で、糖度も高く蜜入りも良好で人気が高い。
 今年のリンゴは着色も比較的良好で味も蜜入りも良好。出荷は12月2日まで続き、約7000ケースを見込んでいる。
 最新式省力型果実選果機の光センサーで品質の均一を図り、市場評価の向上とブランド化を目指し、所得向上と経営安定を確保している。