年末年始を明るく照らす まちなかイルミネーション点灯

イベントその他地域振興観光

  • 画像
    tette前のビッグハートで記念撮影する親子
  • 画像
    ウルトラFMの点灯式生放送

 須賀川市内の年末年始まちなかイルミネーションは25日からtetteや松明通り沿いの商店街、街路樹で点灯が始まり、中心市街地を明るく温かく照らしている。来年1月31日まで、毎日午後4時半から点灯する。
 須賀川まちづくり推進協議会、中部地区整備推進プロジェクト委員会主催。10月の第2回和傘アートなどと連動する「光で繋ぐロードマップ」共同開催。
 「街に灯りを!街に元気を!街ににぎわいを!」をテーマに、毎年恒例となっているイルミネーションを点灯し、点灯初日はウルトラFMで約1時間の点灯式を生放送した。
 午後4時半の点灯開始に合わせて、事前収録した須賀川、天泉、栄光各幼稚園の園児が歌うクリスマスソングなどを流し、tette前に集まった家族の元気なカウントダウンで一斉にイルミネーションが点灯した。
 tette前には今年も記念撮影が映えるビッグハートと雪だるまが設置され、カウントダウンに参加した親子や高校生たちが笑顔で写真を楽しんでいた。
 なお今年は12月10日午後6時からホテルサンルート須賀川で、菊田俊介&ブルース・カンパニーの「イルミネイテッド・ブルース・コンサート」を開く。
 リーダーの菊地俊介さんは栃木県宇都宮出身、アメリカシカゴで30年ほど演奏活動し、ブルースの女王ココ・テイラーなど名だたるミュージシャンと共演した。ワシントンDCで開かれたコンサートで、クリント・イーストウッドから「ブルースの将軍」と称される。
 今回は国内外の音楽シーンで活躍するRie“Lee”kanehiraさん、片野篤さん、マーティー・ブレイシーさんが共演する。
 入場無料だが、事前申し込みの入場整理券が必要。当日は飲み物を会場で販売提供する。最大動員は110人予定。問い合わせは中部地区プロジェクト委員長の吉田伸司さん(℡75-2178)まで。