年末年始の交通事故防止へ 県民総ぐるみ運動始まる 事件事故防止の特別警戒も

交通須賀川市

  • 画像
    管内の安全・安心へパトロールに繰り出す白バイなど

 年末年始の交通事故防止県民総ぐるみ運動と年末年始事件事故防止特別警戒は10日からスタートし、須賀川署や関係機関・団体は、反射材の活用や早めのライト点灯、なりすまし詐欺被害防止などに協力を呼びかけている。期間はいずれも1月7日まで29日間。
 県民総ぐるみ運動は県と県交通対策協議会の主唱のもと「くらいとき じぶんをアピール ぴっかぴか」をスローガンに、道路横断中や夜間、薄暮時の交通事故防止、全席シートベルト・チャイルドシートの正しい着用、飲酒運転の根絶、自転車の適正な利用の促進などを重点的に訴え、地域の安全・安心を県民一丸となって守る。
 年末年始事件事故防止特別警戒は須賀川署が同期間に防犯活動を強化するもので、例年は合同出動式を実施していたが、新型コロナの感染を防ぐため、署単独で9日に出動式を行った。
 赤松正広署長の訓示に続き、河野弘樹生活安全課長が出動申告し、白バイやパトカーが巡回パトロールに出発した。
 またヨークベニマルメガステージ須賀川南店、イオンタウン須賀川、イオンスーパーセンター鏡石店の3店舗で交通安全協会や地区防犯指導隊、少年警察ボランティアなどと協同で広報啓発活動を実施し、事件事故防止に協力を呼びかけた。
 同署では期間中、コンビニエンスストアや金融機関などを署員が巡回し、警戒の見える化によって犯罪の未然防止に努めるほか、交差点や横断歩道等の交通事故防止に向け、悪質運転の取り締まりを強化する。

イベント情報バナーイベント情報バナー