記憶を後世に引き継ぐ 須賀川市中央図書館 震災・復興関連資料展

災害(地震、火災、水害等)防災須賀川市

  • 画像
    3階メインライブラリー展示中の復興関連展

 須賀川市中央図書館は大震災の記憶を後世に引き継ぎ、防災や復興に対する市民の関心を高めるため、tette3階メインライブラリーで震災関連展示「東日本大震災 2011・3・11 あなたはどこにいましたか?」などを開いている。
 「あなたはどこにいましたか?」は中央エレベーター脇ガラスケースに展示し、当時の地方紙や全国紙の紙面、職員の体験談などを通して震災当時の様子を紹介する。
 合わせて復興への歩みを振り返りながら、被害や復興に関する本も展示している。
 「あの日の地震と藤沼湖」コーナーは、まなぶ自然と科学をホワイトボードに掲示、藤沼湖の被害状況や復旧の流れ、奇跡のあじさいなどについて、郷土資料や新聞記事などをもとに紹介した。
 「みんなで考えよう 避難・安全・防災行動」はまなぶ心と体を掲示し、防災知識を深めるをテーマに、災害時の安全確保や避難行動に関する本を集めた。
 「あなたはどこにいましたか?」は今月下旬、ほか2コーナーは5月下旬までの展示を予定している。