マナー違反を「じろり」 鍾馗さま絵のぼり掲揚 須賀川交通安全団体

交通警察須賀川市

  • 画像
    事故撲滅へ絵のぼりを掲げる

 須賀川地区交通安全協会、須賀川地区安全運転管理者協会、安全運転管理須賀川事業主会は14日、まもなく始まる牡丹園の有料開園やゴールデンウイークなど観光シーズンに合わせ、市内3カ所に今年も「鍾馗さま絵のぼり」を掲揚し、ドライバーに交通ルール・マナーの徹底を促す。掲揚期間は5月下旬頃まで。
 毎年この時期になると須賀川署、旧産業会館、須賀川信用金庫本部ビル前に「須賀川・岩瀬からはじめよう 「交通安全」「飲酒運転追放」など書かれた高さ約7㍍の絵のぼりを掲げ、子どもの健やかな成長を願う鍾馗さまが交通ルール・マナーを厳守するよう「じろり」とにらむ。
 絵のぼりは、伝統工芸須賀川絵のぼり師6代目大野修司さんが手掛けた。
 鍾馗さまの厳しい視線によりドライバーたちの気も引き締まり、交通安全にひと役買っている。

イベント情報バナーイベント情報バナー