開港30周年「空の日」フェス 16日はブルーインパルス・室屋さんのエアショー 17日ウルトラヒーローショーなど

イベント玉川村観光須賀川市

  • 画像

 福島空港の開港30周年を記念した「空の日」フェスティバルは9月16日午前10時からブルーインパルスと室屋義秀さんのエアショー、17日午前10時からウルトラマンブレーザーショーや航空機廃棄部品販売、消防ヘリコプターによる救助訓練や空中消火訓練など、例年以上に盛りだくさんのイベントで空港への関心を高める。
 16日のエアショーは観覧に入場券が必要となるが、申し込みは既に締め切っている。
 当日はユーチューブの福島空港公式チャンネルで生中継を配信する予定。
 15、16の両日は空港への入場を制限し、空港前の県道古殿須賀川線が南方向への一方通行になるため注意が必要となる。
 ブルーインパルスは14日から16日にかけて浜通り、中通り、会津を広域的に飛行する予定で、具体的なルートや時間帯は後日公表する。
 17日は入場制限がなく、誰でも自由に参加できる。
 空港エプロン、国際線貨物施設、ターミナルビルなど会場に計25件の企画を準備している。
 ファンが大喜びの航空機廃棄部品販売は午前11時から、ターミナルビル内で数量限定で提供する。
 ステージイベントは午前10時半からと午後1時からの2回、現在放映中のウルトラマンブレーザーショーを行う。
 そのほか麻薬探知犬デモンストレーション、いわきFCマスコットキャラクターのハマー&ドリーダンスパフォーマンス、菊池章夫ライブ、アミーゴ・デ・川俣のフォルクローレコンサートで盛り上げる。
 屋外販売ブースは空港焼きそば、玉川村農産品・地ビール販売、アイシングクッキー販売などが並ぶ
 エプロン内ではトロッコドーリーツアーや空港まるごとウオッチング、航空機の地上展示など実施する。
 ターミナルビル内はANAちびっこコスチュームや空港探検ボータンかくれんぼ、IBEXオリジナルガチャガチャ、川俣町グッズ販売、税関PRコーナーなど。
 管制塔・航空気象観測所施設見学も全4回で実施する。
 空港公園でも17日に空港公園まつりを催し、おもしろサイクルやプラバン作り、よさこい演舞で盛り上がる。