2月11日「ウルトラ上映会」 撮影会や絵付け体験も


  • 画像

 M78ウルトラすかがわ応援団の「ウルトラ上映会」は2月11日、tetteたいまつホールで開かれる。正午と午後3時の2回上映し、定員は各回130人。参加無料だが事前申し込みが必要となる。
 ウルトラマンメビウス第37話「父の背中」の上映会、ウルトラの父との撮影会を実施する。37話は谷崎あきら・赤星政尚脚本、アベユーイチ監督・特技監督。
 メビウスの危機に宇宙警備隊大隊長ウルトラの父が駆けつけ、危急から救い2人で怪獣を撃退するファン激熱の1話を上映する。
 上映会スタート1時間前には、須賀川を代表する伝統芸能で市無形民俗文化財の須賀川絵のぼりの技法を使った、「ウルトラの父トートバック」絵付け体験を各回20組限定で参加を受け付ける。
 参加申し込みは15日午前8時半から、市公式ホームページ内「かんたん申請・申込システム」のウルトラ上映会参加申込フォームで受け付ける。1組3人まで1公演のみ申し込める。
 問い合わせは市観光交流課内の応援団事務局(℡ 0248-88-9144 )へ。
 ウルトラ応援団は平成25年5月5日の市とM78星雲光の国との姉妹都市提携をきっかけに結成した市民団体。
 本市を盛り上げるため須賀川ならではの関連イベントやオリジナル商品開発促進などに取り組んでいる。

とっておき情報募集