110番の適正利用を 須賀川署で動画公開


  • 画像
    動画を編集する紺野巡査

 須賀川署は「110番の日」にあわせ、ユーチューブの県警公式チャンネル(https://www.youtube.com/@user-pj7qi4si8o)に動画を3本公開し、110番通報の適正利用や、今年度から本格運用を開始した映像通報システムの活用方法など広報している。

 110番は緊急通報であり、人命に関わるような緊急性の高い事案の初動に影響が出ないよう、相談事などは最寄りの警察署の相談窓口や警察相談専用電話「#9110」番を利用するようことが求められる。

 また通報時は「いつ」「どこで」「何があったか」に加え、状況に応じ犯人の情報や現場の状況など警察官が質問する。そのため焦らず、なるべく正確に伝えられるよう状況を確認しておくことも重要となる。

 110番映像通報システムは、通報者が110番通報した際、警察官が必要と判断した場合に使用することになる。通報者は警察官からSMSで送られるURLにアクセスし、スマートフォンなどのカメラで現場の状況を伝える。

 動画制作を担当した須賀川署地域課の紺野れもん巡査は「わかりやすいよう5分未満の動画にまとめたので、多くの人に見ていただき、110番の適正利用につながってほしい」と述べていた。

とっておき情報募集