そばの陣は10月27日予定 実行委員会で素案を了承


  • 画像
    今年の開催素案を了承したそばの陣実行委員会 

 須賀川そばの陣実行委員会は30日、市役所で開かれ、昨年の事業実績報告と新年度の実施素案などについて協議し、今年は10月27日に予定しているが、新年度に改めて実行委員会を開き正式に決定する。
 委員会にはブランド須賀川推進協議会、夢みなみ農業協同組合、市農業公社、商工会議所、長沼観光物産振興協会、うつくしま蕎麦王国協議会、ふれあいの里東山、東山第二区、長沼ナタネ・ソバ生産組合の代表ら10人が出席した。
 実行委員長の板橋圭寿市経済環境部長が「昨年10月28、29の2日間で2619食を販売した。おいしい須賀川産のそばをPRすることができた」とあいさつした。
 昨年の第1回そばの陣は、会津磐梯そばとあぶくま高原そばも協賛したことから、来場者からは県内のそば産地の食べ比べができる珍しいイベントとして好評を呼んだ。そのほかステージイベントや関連フォーラムなどが開かれた。
 素案では新年度もそばを活用した「東部地域耕作放棄地再生モデル事業」の一環として、東山そばと、西部地域の長沼そばの知名度向上、栽培促進を目的とし、「地域産そばで地域おこし」をスローガンに、そばの陣を10月27日にtetteで開くことを了承したが、正式には新年度の実行委員会で決定する。

とっておき情報募集