いちごの重量や詰め方など確認 JA鏡石支店で初出荷検討会


  • 画像
    いちごの初出荷に向け検討会

 JA夢みなみ鏡石支店いちご専門部会の初出荷検討会(目揃え会)は31日、10人が出席して同支店で開かれた。 
 飛澤良男部会長が「出荷が始まるいちごを目揃えし、品質向上を図りたいと思います。健康に注意して頑張りましょう」とあいさつした。
 郡山市総合地方卸売市場郡山大新青果の関根祐樹果実部部長代理が市場情勢、須賀川農業普及所の横田祐未経営支援課主査は厳寒期の管理などを報告した。
 「とちおとめ」「ふくはるか」「ゆうやけベリー」の3種類を見本として品質、形状良好なもの1粒の重量、詰め方、並べ詰めなどを確認した。
 集荷時間は午前11時半から12時まで、場所は同支店倉庫で出荷方法などを説明したほか、農薬使用記録簿、栽培管理日誌の提出を決めた。

とっておき情報募集