最終は春の寄せ植え フラワーセンター 自然を楽しむ花講座


  • 画像
    最終講座で春の寄せ植えを楽しむ受講生たち

 須賀川市フラワーセンターの自然を楽しむ花講座は5日、最終講座と閉講式が同センター体験学習室で開かれた。
 講師の橋本公助牡丹園保勝会管理次長が春の寄せ植えを講習した。ジューンベリー、デルフィニウム、ジギタリス、モスフロックス、オダマキソウ、ビオラ、ダスティミラーの7種類は花と実を楽しむ草花で、鉢植え用土に赤玉、鹿沼土、腐葉土などを混合させ、花のバランスを考え丁寧に植え込み、管理方法などの説明を受けるなど、受講生らはひと足早い春の寄せ植えを楽しんだ。
 同講座は24人が受講し6月に開講、多肉植物、苔ボトル、雑木の寄せ植え、初夏や秋の寄せ植え、正月用リース、古典植物などを10回にわたり学び、様々な花の実技を身に付けた。

とっておき情報募集