校庭に元気な歓声と拍手 須賀川・岩瀬管内小学校9校で運動会


  • 画像
    6年生による「親子で激走!」(須賀川二小)
  • 画像
    力を合わせて玉入れする1年生児童たち(鏡石一小)
  • 画像
    ゴールを目指して一直線の児童たち(広戸小)

 須賀川・岩瀬管内の各小学校の運動会は11日に須賀川二、長沼、長沼東、白方、白江、鏡石一、広戸、大里、牧本の9校で、湯本小は地区大運動会として12日に行われた。
 各校とも午前中で終了するプログラムを編成し、保護者や家族も駆けつけにぎやかな歓声が響き渡った。

【須賀川二小】
 「光る汗二小全員金メダル」をスローガンに、全校生363人が参加した。開会式で紅白の児童代表が力強く誓いの言葉を述べ、応援合戦してスタートした。
 全学年で「大玉リレー」、1、2年生の「大玉コロコロ」、3、4年生は「よさこいソーラン」「北星ハリケーン」、5、6年生は綱引き、棒引き、玉入れの3競技、「鼓笛行進」、下・上学年リレーなど18種目が繰り広げられた。
 各学年がそれぞれの協議で全力を尽くし楽しんだ。保護者らは大きな拍手を送り我が子の躍動感あふれる勇姿をカメラやビデオに納めていた。

【鏡石一小】
 「ワンチーム 絆の力で 圧勝へ」をスローガンに、1年生から6年生まで元気いっぱいの競技を披露し、多くの保護者らが子どもたちに熱い声援を送った。
 初夏を思わせるような陽気となり、学年ごとの徒競走や借り物競争、ダンスと玉入れを組み合わせた「チェチェリコ玉入れ」、鼓笛隊パレード、次年度入学生の「らいえんはいちねんせい」など大いに盛り上がった。
 紅白対抗リレーは紅白対抗競技の勝利が決まるとあって、競技にも応援にも全員手に汗握る熱戦が繰り広げられていた。

【広戸小】
 「スマイル・オン・ミー・スマイル・オン・ユー~笑顔になあれ~」をスローガンに、全校児童82人が練習の成果をぶつけ合った。
 学年ごとの短距離走は一心不乱にゴール目指して駆け抜け、ゴールテープを切る瞬間は両手を掲げるなどして喜びを表していた。
 チャンス走は指定された色を探したり、天栄戦隊「キャラレンジャー」とのジャンケンを盛り込むなど工夫が見られた。
 団体種目では紅白の実力が拮抗し、総合得点は同点で両チームが優勝となった。
 来年度に入学を予定している幼稚園児の特別種目などもあり、地域一体で盛り上がっていた。