新鮮な野菜を求めて おはよう青空市場スタート


  • 画像

 須賀川市のおはよう青空市場は12日から本町地内の結の辻で始まった。12月22日までの毎週日曜日午前5時半から開かれる。
 初日は早朝から再開を待ち望んでいた市民らが繰り出し、「おはようございます」「いよいよ始まりましてね」などと言葉を交わしながら、新鮮な野菜を手に取り両手いっぱいに買い求める姿が見られた。
 同市場は“新鮮さと本物の味”をキャッチフレーズに昭和53年から始まり、市内の農家が丹精込めて生産した新鮮な旬の野菜や果実などを販売、市民の台所として親しまれている。以前は市役所前駐車場で開いていたが、東日本大震災の影響で結の辻に会場を移した。
 現在は6軒の農家が出店しているが、新規会員を募集している。
 詳しくは市農政課農業振興係(℡ 0248-88-9139 )まで。