歴史と伝統誇る須賀川市の「きうり天王祭」 今年も7月14日に宵祭り 関係機関打ち合わせ会議


  • 画像
    開催に向けて協議した関係機関打ち合わせ会議

 須賀川の夏を代表し270余年脈々と受け継がれている「きうり天王祭」宵祭りは今年も7月14日、にぎやかに開かれる。関係機関打ち合わせ会議は11日、約20人が出席して3丁目会館で開かれ、祭典成功に向け話し合った。
 7月13日にお迎え祭りとして、岩瀬神社に祀られた御祭神の牛頭天王を東北電力ネットワーク須賀川電力センター前の御仮屋で午後6時頃から御祈とうし、7時から8時まで御仮屋から常陽銀行須賀川支店まで御神輿渡御をする。
 宵祭りの14日は県道63号線の本町交差点から並木町交差点までを午後1時から10時まで通行止めにし、沿線接続道も一部通行止めとなる。
 15日は午前10時からお送り祭りの御祈とう、午後7時から御神輿渡御を御仮屋から本町交差点までを予定している。
 関係機関会議にはきうり天王祭実行委員会を中心に市役所、警察署、消防署、商工会議所、土木事務所、アサヒビルサービス、こぷろ須賀川、福島交通など宵祭りを安全安心に開催するため各団体代表者らが出席した。
 実行委員長の渡邉達雄三丁目町内会長が「きうり天王祭は昔から雨祭りと言われていましたが、近年暑い天王祭になっている。コロナ禍の後、昨年から本格的に再開し、市民の夏祭りとして今も定着している。安全安心な祭りに参拝していただくため、万全な体制を整えて行いたいと思いますので、ご協力をお願いします」とあいさつした。
 きうり天王宵祭りを中心に交通規制や警備体制などの確認、御迎え祭りと御送り祭りの御神楽渡御の往復路への人員配置などを確認し、安全・安心な天王祭へ準備を整える。
 きうり天王祭は約270年前の江戸時代に流行った疫病を鎮めるために、当時の三丁目(現南町)の岩瀬神社に祀られた牛頭天王へキュウリを奉納すると、平穏が訪れたとのいわれが祭事の起源とされる。
 宵祭りのメインとなる御仮屋は東北電力ネットワーク須賀川電力センター前に建てられ、多くの参拝者がキュウリ2本を手に長蛇の列を作り、奉納された1本と交換して食べると病気にかからないとされ、コロナ禍で4年ぶりに再開した昨年の天王祭は120店舗の露店が出店し、市内外から5万人を超える人出でにぎわいをみせた。

とっておき情報募集