ゆうちょ金融出前授業 お金の歴史など学ぶ 牧本小・湯本小合同


  • 画像
    1億円の重さに驚く児童たち

 ゆうちょ金融教育出前授業は18日、牧本小で開かれ、同校と湯本小の1~3年生計19人がお金の歴史や1億円の重さ体験などを学んだ。
 地域に根ざした金融機関である郵便局が、子どもたちにお金の大切さや付き合い方を学んでもらうため実施している。
 長沼郵便局の寺下賀博局長、矢田野郵便局の緑川昌樹局長、岩瀬湯本郵便局の星健治局長らがメイン講師を務め、お金の種類や変遷、お金で物を買える仕組みなど教えた。
 また会場には郵便局のマスコットキャラクター「ぽすくま」も登場し、子どもたちは大喜びでふれあいを楽しんでいた。

とっておき情報募集