各種イベント大盛況 見頃に合わせ鏡石あやめ祭り


  • 画像
    展示されたフクロウに興味津々の親子

 鏡石町鳥見山公園内の70種4万本のアヤメの見頃に合わせた「鏡石あやめ祭り」は23日、小雨混じりの同園内各所でイベントを開き、町民を中心に多くの来場者でにぎわった。
 かがみいしスポーツクラブの「あやめ健幸ウオーク」は約100人が参加して園内南北のあやめ園などを散策し、咲き競うアヤメやハナショウブ、カキツバタなどを楽しんだ。
 公園駐車場にはグルメやハンドメイド作品などを販売する特設ブースが多数出店する「あやめマルシェ&フリマ」を開き、毎年恒例のアヤメ株チャリティー販売には時間前から多くの町民が順番待ちの行列をつくっていた。益金は能登半島地震と台湾東部沖地震被災地への義援金に充てられる。
 鳥見山体育館ではバブリン先生のシャボン玉ショー、福島ファイヤーボンズのPRブース、健康チェックコーナーなどが設けられた。
 猛きん類や小動物とのふれあいブースではフクロウやアオジタトカゲ、モルモットなどを近くで観察でき、子どもたちから「かわいい」との声も聞かれ人気だった。

とっておき情報募集