須賀川市長選 安藤氏後援会事務所開き 「ピンチを最大のチャンスに」


  • 画像
    ガンバローで士気を高める安藤氏

 任期満了に伴い、7月14日告示、21日投開票で行われる須賀川市長選に向けて、立候補を表明している元市議会副議長の安藤聡氏(53)=桜岡=の連合後援会事務所開きは21日、本町地内(旧桔梗屋書店2階)で行われた。
 須田智博神炊館神社禰宜の神事で、玉ぐしを安藤氏、池田良一選対本部長、大槻ヤス子連合後援会長が神前にささげた。
 事務所開きで池田選対本部長は「安藤さんは市政一筋。幸せと豊かさを実感できるまちづくり目指して3期12年市議を務められました。事務所はだれでも足を運んで話ができる拠点にしたい。ぜひ応援してください」、来賓の五十嵐伸市議も激励した。
 安藤氏は「(財政はじめ)今のピンチの状況を最大のチャンスに変えていけるよう、須賀川をリードする役割を私がしっかりとやらなければならないと思います。この思いは副議長3年目に強く抱きました。これから3年間で財政調整基金をしっかりと確保し、4年目で安定させるビジョンを持っています。人口減少解消のため産み育てやすい環境整備と教育の充実に力を入れる。魅力的な須賀川づくりへ市民の生業をしっかりと支え、予算の集中と選択に一層の力を入れ市民の身近で困っている部分にしっかりと手を添えていきたい」と決意を力強く述べた。
 最後に必勝ダルマに目入れをし、佐藤篤志さんのコールで必勝「がんばろう」三唱し士気を高めた。
 今後は各種SNSや動画配信サイト、市内各地域後援会など草の根運動を展開し、市内全域への公約と支持拡大を図っていく。
 市長選には元市議会議長の大寺正晃氏(62)=丸田町=も立候補を表明しており、16年ぶりの新人同士の一騎打ちが確実視されている。

とっておき情報募集