北海道の味ずらり 7月1日まで福島空港で物産展


  • 画像
    海産物など吟味する来場者たち

 福島空港の北海道物産展は26日から7月1日まで6日間、空港ターミナルビル1・2階特設会場で開かれ、北海道の海の幸や農畜産物を使った特産品、スイーツが並んでいる。時間は午前10時から午後4時まで、入場無料。
 福島―新千歳間の定期路線を運航する中、北海道の観光や食文化の情報を発信し、魅力の再発見を促すもので、昨年11月に続き8回目となる。
 札幌や函館、根室、小樽、帯広など北海道全域から、イカ飯やいくらしょうゆ漬け、コロッケや海鮮弁当、ホタテの浜煮などがずらりと並び、多くの来場者が目移りしながら商品を選んでいる。
 また十勝粒あん純生ロールケーキ、チーズスフレ、アップルパイ、夕張メロンゼリーなどのスイーツも人気を集める。
 会期中、空港ビル2階の福島エアポートサービスでも北海道限定のお菓子や飲食物を販売する夏の北海道フェアを実施している。
 問い合わせは空港ビル(℡ 0247-57-1511 )まで。

とっておき情報募集