ジェスチャーゲームなど楽しむ 天栄中の大学生交流授業


  • 画像
    ジェスチャークイズで盛り上がる生徒たち

 天栄中と早稲田大の学生団体セカクルの交流授業は6日に同校で開かれ、英語やジェスチャーを使ったゲームなどを楽しんだ。
 セカクルは、早稲田大国際教養学部等に在籍する学生の団体で、子どもたちに国際的な視野を持たせることを目的に、言葉(英語)を用いた各種プログラムを実施しており、天栄中とは毎年2回の交流授業を行っている。
 今回はメンバー14人が天栄中を訪れ、全校生徒約109人と交流を深めた。
 英語の○×クイズやマッチングゲーム、単語並び替えゲームなど行ったほか、ジェスチャーゲームではクラスごとに2グループに分かれ、飛行機や医者、農家などを動作と英語で表現し、英単語で回答した。
 また10年後の自分に宛てた手紙を書いたり新しい職業を考えるなど、英語を学ぶだけでなく、自分たちの将来についても深く考える機会となった。

とっておき情報募集