功労2団体12個人を表彰 須賀川地区防犯協会連合会総会 糸井さんに東北表彰伝達


  • 画像
    表彰伝達を受ける糸井さん

 須賀川地区防犯協会連合会の総会は8日、須賀川署で開かれ、地域安全活動や少年非行防止活動などの功労2団体・12個人を表彰したほか、東北防犯協会連絡協議会・東北管区警察局長の連名による防犯功労者表彰を糸井一郎さんに伝達した。
 防犯協会役員ら約40人が出席した。
 冒頭に表彰式が行われ、会長の橋本克也市長と川上敦署長が団体代表者や個人に賞状を渡した。
 橋本市長はあいさつで「昨年の須賀川署管内の刑法犯認知件数は453件で前年より59件増加した。今年に入ってからはインターネットを悪用したサポート詐欺やSNSの投資詐欺、ロマンス詐欺などが前年を上回っており、住民の財産が狙われている」と述べ、川上署長も「それら犯罪を抑えるため街頭活動を強化しているが、地域一丸の取り組みが重要であり、地域防犯の要として尽力してほしい」と訴えた。
 議事は昨年度事業、決算、今年度事業計画、予算などを協議した。
 今年度も各種広報活動やボランティア団体等との連携強化、小中学校での被害防止教室の実施などを行う。
 受賞者は次の通り。
 ▽防犯功労者=金子定雄(須賀川)柏村進(同)古川修一(同)遠藤芳友(鏡石)永山勲(天栄)▽防犯功労団体=須賀川市消防団第5分団、岩瀬地区明るいまちづくりの会▽優良防犯連絡責任者=吉田利枝、菅野勝利、佐藤富男、渡辺勲(以上須賀川)久保勉(天栄)▽少年補導功労者=椎野由貴子(須賀川)芳賀希代子(天栄)

とっておき情報募集