懐かしの曲に乗せて 稲田コミュニティセンターでミュージックトレーニング


  • 画像
    歌手のように歌う受講者たち

 稲田コミュニティセンターの成人教育講座「ミュージックトレーニング」は5日、講師に音楽療法インストラクターの藤居ジュンコさんを迎えて開かれ、懐かしの曲を15人で歌った。
 音楽に合わせて歌い、体を動かすなどして頭と体のトレーニングを楽しみ、心身のリフレッシュを図ることなどが目的。
 発声練習などで体をほぐした後、「バラが咲いた」や「おおシャンゼリゼ」などのほか、中島みゆきの「時代」や「糸」、井上陽水の「少年時代」などを歌った。
 受講者たちはミュージシャンのように体を揺すったり、指を鳴らしたりしながら歌声をそろえ、互いに笑顔を見せ合っていた。
 後半は藤居さんがリサイタルとして歌声を響かせ、巧みな歌唱に受講者たちは癒やされている様子だった。
 9月に実施する次回の体幹トレーニングは既に定員に達しているが、11月8日のフラワーアレンジメント、来年1月10日の味噌づくりは受講者を募集している。
 問い合わせは同センター(℡ 0248-92-2003 )まで。

とっておき情報募集