7月21日に定期演奏会 劇やダンスなど盛り込む 須賀川創英館高


  • 画像
    ハーモニーの完成度を高める吹奏楽部
  • 画像
    一音一音の高さを調整する合唱部

 須賀川創英館高の第3回定期演奏会は21日午後2時から、市文化センターで開かれ、吹奏楽部17人、合唱部6人が劇やダンスなどを織り込んだ演奏で家族や友人、地域に感謝を伝える。
 吹奏楽部と合唱部がそれぞれコンクール曲を演奏するほか、ポップスステージで合唱部はジブリ作品を中心に5曲を披露する。間弓智香部長は「自分たちで脚本も考えたジブリ風の劇もぜひ楽しんでほしいです。私たち3年生にとって最後の定期演奏会でもあるので、互いに尊重し、協力し合い、楽しむ姿を後輩たちに見せて、引き継いでいってほしいです」と意気込む。
 吹奏楽部のポップスステージはアニメの主題歌やメドレー曲など多数盛り込み、幅広い年代に楽しんでもらえるよう工夫する。前林來愛部長は「恒例の1年生によるダンスや、掛け声、手拍子で客席から参加していただける曲もあるので、一緒に盛り上がってほしいです。特に地域の方たちには演奏を聴いていただける機会が少ないので、日頃の感謝を言葉ではなく音楽で伝えたいです」と語った。
 公演の最後には吹奏楽部と合唱部の合同演奏も企画している。
 部員たちは本番に向けて練習を重ね、校舎内に美しい音楽を響かせている。
 開場は午後1時半から。入場無料。
 問い合わせは同校(℡ 0248-75-3325 )まで。

とっておき情報募集