7月14日きうり天王宵祭り 午後1時から一部交通規制


  • 画像

 須賀川の夏を象徴する「きうり天王祭宵祭り」は14日、南町の東北電力須賀川電力センター前にキュウリを奉納する御仮屋を設置して今年も盛大に開かれる。
 宵祭りは午後1時から10時まで県道須賀川・二本松線(目抜き通り)の並木町~宮先町交差点区間を交通規制して多数の露店が軒を連ねる。
 きうり天王祭は14日の宵祭りをメインに、13日は天王さまを御仮殿にお移しするお迎え祭り、同日に御仮屋設置、午後6時から祈とう、7時から御神輿渡御を披露する。
 宵祭りは御仮屋にキュウリ2本を奉納して、交換した1本を食べると病気にかからないと言い伝えられ、会場には多くの人が繰り出す。
 宵祭り終了後の15日はお送り祭りで、午前10時からご祈とう、午後7時から御神輿渡御を予定している。
 きうり天王祭は三丁目町内会を中心に組織する実行委員会(渡邉達雄委員長)が主催し、270余年の歴史と伝統を脈々と受け継いできた。
 江戸時代に流行した疫病を鎮めるために、同地の岩瀬神社にまつられる祭神・牛頭天王に当時から特産品だったキュウリを奉納すると平穏が戻ってきた伝承が祭典の起源とされている。
 祭神である牛頭天王は初詣でや夏詣でなどでおなじみの茅の輪の起源となった説があり、雨や水に由来するとのいわれもある。

とっておき情報募集