ハンサム・ウーマンNo.5

関根美穂せきね みほさん(35)

セキネ設備須賀川市小作田
  • 画像

現場仕事に魅力感じて
 資格取得で更にスキルUP

 現場の仕事がしたいとアルバイトを経て平成29年に入社。県下水道排水設備工事責任技術者証をはじめ整地・運搬・積込・掘削の車両系建設機械の免許も取得し、主に市内の工事現場を請け負い次から次と駆け回っている。
 水道の本管工事などでは現場作業のほかに書類づくりから写真撮影、日報まで、まとめて作成するなど、設備工事に関するあらゆる事務書類を取りまとめている。
 現場へは職員や下請け業者ら4~5人のチームで出向くが、ダンプを運転して通う姿は普段のかわいい表情からは程遠いイメージである。
 現場ではもちろん紅一点、笑顔も絶やさないが、重機も操りきびきびとした態度で仕事をこなし、誰からも好かれ頼りにされる存在だ。
 「仕事に活かせる資格を更に取得し、スキルアップを図りたい」と今後の目標を掲げ、仕事に対する情熱と意気込みをのぞかせる。
 コロナ禍もあり友人らと会う機会も少なく、休日は家でゆっくりしたり、ショッピングに出かけることが多いという。