若だんな・若社長No.1

渡辺定之わたなべ さだゆきさん(42)

ワタナベフルーツファーム 園主鏡石町高久田55
  • 画像

美味しいの言葉が励み
安全安心の果物を届ける

 約70年続いている農家を2011年の東日本大震災を機に、親から引き継ぎ園主になった。21歳からずっと農家一筋で果物に向き合ってきた。先代から受け継いだ農作物の育生方法を変えることなく守り続け、現在、モモとリンゴを7品種ずつ育てている。
21年間の農業生活は毎年が自然との戦いで、昨年の台風19号の水害の際は、鏡石町の農家が協力し合って復旧に取り組み、地域のつながりの大切さを改めて感じたという。
今冬は気温が暖かい日が多く、冬眠期の木がしっかり休めていない中、毎年「美味しい」と食べてくれるお客様の期待に応えるため、木の少しの変化も逃さぬよう日々のチェックは欠かさない。
渡辺さんは「食べる人に安全安心で美味しい果物を届けられるようしっかりと育てています。収穫の時期になりましたら、多くの人にぜひ食べに来てほしいと思います」と力強く語った。
休日は桧原湖や海での釣りや、オートバイでドライブすることが楽しみ。

イベント情報バナーイベント情報バナー