若だんな・若社長No.8

吉村雅人よしむら まさとさん(39)

サンライズデイ取締役須賀川市大町72-1
  • 画像

情報収集・発信を武器に
新しいまちづくりにも意欲

 東京の異業種で培った約10年間の経験を故郷・須賀川の新しいまちづくりに活かしたいと情熱を燃やす。
日本大学卒業後、大手衣料品メーカーの営業として首都圏を中心に全国各地を回った。そんな折、中央測量設計事務所の社長である父から「不動産の会社(サンライズデイ)を立ち上げたい」と相談され、その新会社の営業から経営まで担うこととなった。準備のため東京の不動産屋で数年間勉強し、5年前の事業始動に合わせ帰郷した。現在は唯一の実働部隊として東奔西走の毎日を過ごす。
「情報が重要で、フットワークを軽くして常にアンテナを立てるよう心がけています」インターネットで情報を得てから行動する若い世代にPRするため、会社ホームページに物件の内装を360度見渡せる機能を準備するなど、新しい情報発信方法を模索する。
まちづくりにも意欲的で「須賀川の魅力は人の温かさ。これを活かすため、様々な情報から新しさも取り入れていける土台づくりに貢献したい」と語る。

イベント情報バナーイベント情報バナー