桃の苗木盗難に注意! 須賀川市和田周辺で130本以上被害


  • 画像
    切られた枝を持つ嘉斎さん(左)とJA職員

 今月に入り須賀川市和田周辺で桃の苗木の盗難被害が相次いで発生している。JA夢みなみ須賀川東支店では和田、浜尾の両地区で昨年12月下旬から約130本の苗木(約26万円相当)の被害を確認している。被害者の一人からは、苗木という特性上、今後の生育も考慮すれば損害は100万円程度にもなるとの話もあり、さらなる被害拡大の恐れもあるため、強い警戒が求められる。
 被害を受けた農家のうち、和田地内で果樹農家を営む嘉斎大樹さん(32)は18日に17本、29日に5本の苗木が盗まれた。嘉斎さんはまだ営農を始めたばかりで、昨年12月29、30の両日に12㌃の畑に桃(あかつき)の約160㌢の苗木22本を植樹し、生長を見守っていたが、その全てが盗まれたという。立て続けの被害にショックは隠せない。その後、須賀川署に盗難被害届を提出、JAにも報告した。
 盗難の手口は悪質で、苗木の上部を切り落としてその場に放置し、根と木の芽の部分だけ盗んでいる。根付くために必要な部分を熟知した上での犯行とみられる。
 同署は目撃情報などから犯人の特定を急ぎつつ、続発防止のためパトロールを強化している。
 またJA職員も巡回など強化し防犯に努めている。
 果樹畑をうろつく不審者、不審車両を発見した場合は同署(℡ 0248-75-2121 )まで。