平均倍率は0・89倍 須賀川岩瀬管内4高校入試前期選抜


  • 画像

 県立高校入試の前期選抜出願受け付けは8日に締め切られ、須賀川・岩瀬地方4高校(須賀川創英館、須賀川桐陽、清陵情報、岩瀬農業)は13学科960人(前年比増減なし)に対し800人(同41人増)が出願し、平均倍率は0・89倍(同0・05ポイント上昇)となった。
 学校全体での倍率をみると須賀川桐陽が0・98倍で最も高く、次いで岩瀬農業0・95倍、須賀川創英館0・88倍、清陵情報0・75倍で、いずれも1倍を下回った。
 学科ごとでみると岩瀬農業の食品科学科1・43倍、同アグリビジネス科1・20倍、清陵情報の情報電子科1・05倍、須賀川桐陽の普通科1・03倍、岩瀬農業の園芸科学科1・00倍で、そのほかの8学科は1倍に達していない。
 出願先の変更は9日から14日までの期間内で1回のみ可能。
 学力試験は3月5日に出願先の各高校で実施し、小論文や面接など7日までに行う。
 合格者は3月14日正午以降に出願先高校で発表する。
 出願状況は別表の通り。

とっておき情報募集