東建土質測量設計・ミウラ 認定5年継続で証明書


 須賀川・岩瀬管内ではユースエール認定を取得する中小企業が年々増加しており、今年度まで5事業所が認められた。
 このうち2017年度から認定を受けている土木建築サービス業の東建土質測量設計(村上常雄代表取締役)=大袋町=、と、自動車・同付属品製造業のミウラ(三浦貴信代表取締役)=今泉=は5年間継続したことにより、福島労働局から証明書が贈られた。
 東建土質測量設計は時間外労働時間の削減や有給取得の促進を行うなど、働きやすい環境づくりに継続的に取り組む。また「働くことは健康が第一」として、従業員が年間10種類以上の野菜づくりを行い、収穫物を従業員に分配することで野菜を食べる心がけと健康への意識向上を図っている。
 ミウラは「ものづくりは人づくりから」の観点で、従業員の提案を尊重し、実際に行動してもらう人材育成に取り組む。新入社員には専属で指導できるよう、先輩を中心にサポート体制も整える。また社外講師を招いたレクチャーを開いたり、有給休暇の計画的付与制度を設ける。
 8日現在で認定を受けている市内の企業はこのほか、福島明工社、鐶エスアール工業、釜屋がある。

とっておき情報募集