GWは湯本で自然体験 棚田のしろかき、生き物探し


 天栄村湯本地域で活動する湯本森・里研究所のイベント「里山遊び」はゴールデンウイーク期間中、二岐温泉周辺の自然観察会と、棚田のしろかきと生き物探しを実施する。
 地元旅館とのコラボレーション企画で、体験活動後は温泉入浴と、タラの芽やセリなどの地元食材を使った里山ランチを満喫できる。
 自然観察会は4月30日と5月1日の午前9時半から午後1時まで、新緑と野鳥のさえずりを聞きながらゆっくりと自然を散策する。二岐温泉にある木地師の遺跡も巡る。
 棚田のしろかきは5月5、6の両日、午前9時半から午後1時まで、全身を泥だらけにしながら土をかき混ぜ、表面を足踏みで平らにする。この棚田は湯本小で米づくり学習に使用しており、機械が入らないため毎年人力で作業している。
 参加費は一般4500円、中学生以下2000円。同団体のLINE登録者は500円引きする。
 中学生以下の希望者にはカブトムシの幼虫をプレゼントする。
 申し込みはイベント予約サイト「SELECT TYPE」からのみ受け付ける(https://select-type.com/p/yumoriken/)。
 問い合わせは公式ホームページ(https://yumoriken.com/)まで。